サッカー興味なしのデーブに小倉智昭「腹立ってきます」

印刷

   解説者をスタジオに呼んで、次の対戦相手の徹底研究を行うなど、連日「なでしこ」ジャパンに多大な時間をさいている番組だが、男子サッカーの試合があった翌日などは、あわせて「サッカー偏向」となる。

   「サッカー(なでしこ)偏向をやめろ!」と、公平公正好きな方々からの抗議の電話やらデモやらが行われているのだろうか。それとも、ニッポン偏向として、むしろ喜ばれているのだろうか。

「タマ蹴ってるだけ。野球の話題ないの」

   それはそうと、サッカーに興味がないというコメンテイター、デーブ・スペクターは番組中、こう不満をもらしたそうである。「(サッカーは)タマ蹴ってるだけだ」「野球の話題はないのか」(いずれもオグラ談)。

小倉:もう聞かない

   デーブ自身は「ウズベキスタンの試合、なんでPK戦やらないの。サッカー、おかしいって。そこまで頑張ってやったら、最後までやればいいじゃない」と疑問をぶちまけた。

   これに対して、森羅万象ツウの碩学であり、言うまでもなくサッカーにも通じている小倉智昭キャスターが「そこがね、やはりホームアンドアウェーの(かなり略)おもしろい駆け引きなんだよ、サッカーの!」と、シロクロばかりのアメリカ人に言って聞かせるが、デーブは首をひねるばかり。

   「もうデーブには聞かない」「そのうち腹立ってきます」とオグラはおかんむりだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中