離婚なんて人それぞれ…出来いいドラマに上から目線の解説いらない

印刷

「もしも明日・・・離婚の危機を迎えたら」(NHK)2011年9月3日22時~

   昨年、日本では2分6秒に1組の夫婦が離婚した。ドラマ部分では30代の妻(高野志穂)が出張から帰ると、夫と5歳の息子が置手紙をして消えていて、そこから夫婦の感情的なすれ違いのディテールが描かれる。トークの部分では、「あさイチ」で株の上がった有働由美子が司会をして、離婚経験者(石田純一、室井佑月、六角精児ら)と結婚しているタレントたちがああだこうだと喋る。
   ドラマ部分はまあまあで、妻がそれと気づかずに発した言葉が家族を傷つけていたとか、子供に「早く寝なさい!」と言い続けたのは健康を考えてのことであったが、実は息子は母親と少しでも話をしたかったのだと後から気づくとか、微妙なズレを細かく描いていたから、一応の出来ではあったのだが・・・。
   駄目なのは毎度のごときNHKの上から目線。離婚に通じた弁護士や浮気調査の探偵やらが出てきて現状を解説するのだが、根本的にこの番組を作ったスタッフには「離婚はよくない」観が刷り込まれている。十人十色、夫婦関係ほど1例1例が違うものはないのだから、ノウハウを導き出す行為はナンセンスの極みなのだ。それより「どうぞご勝手に。離婚で子供が不幸になってもそれはあんた達の自己責任、勝手におやりなさい」と放置する方がいい。共に利口な男女なら、相手を選択する時から人物を見定めるし、子供の将来のために己が犠牲を払うこともやる。自己中につける薬はないのだ。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中