「増税の野田」担いでおいて反対論蒸し返し―ノーサイドじゃない民主党

印刷

   民主党代表選の争点にもなった東日本大震災の復興財源問題は野田内閣の最重要課題だが、内閣発足後初めて開かれた政府税制調査会が紛糾した。野田首相は「将来世代に先送りせず、今の世代で連帯して負担を分かち合うのが基本理念」とあいさつし、増税反対派から異論が相次いだ。

小沢サイド「景気悪化で将来負担」

   「党内の議論と180度違う」と述べたのは、新しくメンバーとなった松原仁国土交通副大臣。小沢一郎元代表に近い森ゆうこ文部科学副大臣も「短期間に増税して経済の悪化を招けば、逆に負担を将来に送ることになる」と反論した。

「党内一致」言ってるのに

   「党内でいろんな意見があるが、避けて通れない議論だ」とコメンテーターの北川正恭(早稲田大学大学院教授)が言う通りだが、三屋裕子(スポーツプロデューサー)は議論を蒸し返す民主党の体質にも触れた。

「野田さんは増税を訴えてきた。その野田さんを担いで党内一致をいっているのだから、その方向へ向けて建設的な議論をしてもらいたい。そうでないと、やっぱり民主党はダメなのかなと思ってしまう」

   金井辰樹(東京新聞政治次長)も「野田さんは社会保障財源としての消費税増税、復興財源としての臨時増税を明確に語ってきた唯一の候補。党をあげて選んだのだから、そこをあいまいにするのは政治論としておかしい」としたうえで、今後の議論の行方について、復興財源として増税の対象になるのは、消費税ではなく、法人税と所得税とみる。

みのもんた「所得税・法人税じゃなく消費税アップ」

   ここで、司会のみのもんたが異論を挟んだ。

「僕は金井さんと全然違う。法人税も所得税も儲かったところから税金を取ろうという発想。それでいいのか。そうではなく、全員で負担するしかないでしょう、消費税で、というのが僕の考え。新聞の論調なんかとちょっと違うんですけど、どうでしょうか」

   北川「消費税は社会保障と税の一体改革の財源に予定されている。そこへ(新たな財源が必要となる)大震災が発生した。これを処理しなければならないから野田内閣は大変だ」

   最後に金井が「増税の前に絶対やらなければならないことがある」とあげたのが次の3つ。

「公務員制度改革、国会議員の定数削減、国有財産の売却」
文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中