サッカー女子「大一番・北朝鮮戦」気になる「鹿の角ドーピング」

印刷

   「あと8時間ですね」と司会の加藤浩次が開口一番。なでしこジャパンの対北朝鮮戦がいよいよだ。勝てば文句なしだが、北朝鮮は強敵だから心配だと、これで3日連続だ。

   この日(2011年9月8日)は現地に田中毅アナが入っていた。

   「北京から新幹線で2時間。ここが山東スポーツセンターです。大野選手は『2日開いたので体力的には楽』といっていました」

エキス飲ませて主力5選手出場停止中

   田中は中国の原朕新聞を示して、「日本の勢いを止めることはできない。すでに五輪のポジションを占めていると書いています」という。

お土産に欲しい

   加藤「中国はわかっているようですね」

   ここで北朝鮮のドーピングのいきさつに触れた。ワールドカップの際に検出されたとして、今回は5人の選手が出場停止。北朝鮮側は「落雷で気絶した選手に鹿から抽出したエキスを飲ませたら、それが連盟の規約に触れた」と説明しているそうだが、真偽をともかく、主力5人を欠いて臨んだというのに、目下2位につけている。今日がその直接対決というわけだ。

   田中は問題の鹿の角について「勢力がついて身体を丈夫にするそうです」

   キャスターのテリー伊藤「いいね」

   田中は鹿の角を薄く輪切りにしたものを見せて、「こうしてスライスして売ってくれる。これをお酒に漬けて半年から1年間たつと効果があるそうですが、時間がないので水に入れてみます」とコップに入れて飲んでみせ、「無味無臭」(爆笑)

   テリー「何を取材しているんですか」

   田中「周辺取材は大事です」

   テリーは角にご執心だ。「持って帰ってください、おみやげに。それでドーピングにひっかかったというのはウソかもしれないね」

中国では薬局で普通に販売

   田中「中国の人には薬局で普通に売っているもの。飲む人はあまりいないようで。雷に打たれて効果があるのかときいたら、ないないと言っていた」

   加藤が「最新情報はありますか」と聞いて化けの皮がはがれた。

   田中「きのうの夜着いたばかりで、まだ選手を見ていません」(爆笑)

   テリー「現地で何を取材してるんだ?」

   加藤「本当に取材してくださいよ」

   田中「これから挽回しますので」

   8時間経てば結果が出てるよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中