レンジャーズ上原浩治「午後11時に試合開始。メジャーリーグ何でもあり」

印刷

   MLBテキサスレンジャーズの上原浩治投手が9月8日(2011年)のブログで、メジャーリーグの超タイトなスケジュールにあらためて「何でもあり?」と驚いている。

   前半戦まで所属していたボルチモア・オリオールズの試合が、午後11時にはじまり、終わったのが午前2時だったというのだ。「いくら日程が詰まってるからって、これってありなんかな? ありやから試合したんやね」。そのうえ、他球団の9月のスケジュールを見ると、ヤンキースは試合のない日が1日だけ、フィリーズにいたっては31日で33試合が組まれている。

   暑さの厳しい8月がようやく終わり、今の時期が疲労のピークだろうが、本人は「でもこれがメジャー」と気合いを入れ直している。日本とは違い、移動時間も多ければ、時差も激しいし、気温差だってある。「だから優勝すると世界一なんやね」。上原のレンジャーズは現在、ア・リーグ西地区の首位をキープしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中