やっぱり安物の放射線測定器は誤差だらけ。8倍も違った中国製

印刷

   福島第1原発事故をキッカケに出回っている安い放射線測定器が、やはり不正確な代物だったことが分かった。国民生活センターが、インターネット上で10万円未満で販売されている空間放射線量を測る放射線測定器9種類を検査した結果を9月8日(2011年)に公表した。

正確だったのは60万円の日本製だけ

   原発事故後、国民生活センターに放射線測定器の品質や性能に関する問い合わせが400件も寄せられたため、あらためて検査することになった。

製品規格ないのか

   インターネットで販売されている売り上げ上位の製品はすべて中国で製造・販売されているもので、数値にバラつきが目立ち、信頼性に欠けるものだった。なかには8倍もの誤差が出るものもあったという。同時に約60万円の日本製測定器も検査したところ、これは正確だったようだ。

   では、どれを買えばいいのか。専門家によると、「開発実績のある北欧やロシア製を選ぶと良い」。また、すでに安い中国製品を購入した人は、「最低10回ほど測定して平均値を出せば正確に近い数値が得られるのでは」という。

   コメンテーターの吉永みち子(作家)が「誤差があるのはしょうがないとしても、検出基準をクリアしなければいけない規格みたいなものはないのですかね。命や健康にかかわるものに対して、これでは信頼できませんね」と話す。これも原発安全神話に対する弊害か。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中