2018年 7月 19日 (木)

ネット販売のガイガーカウンター「正確な測定不可能」国民生活センター検査

印刷

   「ガイガーカウンターを購入されたご家庭、あると思いますけども――」と田中大貴アナ。もちろんあるはずだ。ガイガーカウンターを手にして、室内や近所の公園などを計測する主婦は、ワイドショーだけで何度も目にした。それどころか、放射能測定は小学生の夏休み自由研究のテーマにもなっているのである。

   だが、そこに表示された値は本当に正確なのだろうか。毎回毎回、測定の値が違う、誤差があるのでは――。福島原発事故以来、国民生活センターにはそんな苦情・相談が殺到していたという。

価格1万~10万円の9種

おカネも心配

   そこで同センターが、インターネットで販売していた価格1万~10万円の放射線測定器9種類を調べたところ、すべての機器で正確な測定が不可能だった。センターによれば、これらの機器は食品・水などが規制値以下にあるか否かの判定には使えず、また空気中の放射線量調査についても「示した値をただちに信じない」よう呼びかけているという。

   「しっかり測ろうとすると、5~60万円のモノが必要になるということなんですね」と田中。「放射線より、おカネが心配になっちゃうかもしれないですね」と司会の小倉智昭。

   安全、健康、子どもの将来、自衛のために放射線を測定したいときには、おもちゃじみた安物のガイガーカウンターではなく、お値段50万円の正確な測定器をご使用ください――。なにかどこかがおかしい気がするが、とにかくそれが正しい方法なのだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中