初めてのナマ「少女時代」ワイドショーのオジサン大興奮で職場放棄

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>韓国の美脚旋風はとどまるところを知らずの勢いだが、1年前はワイドショーのオジサンたちはまだよく知らなかった。フジテレビ系「とくダネ!」に少女時代が日本のテレビでは初めての生出演、「韓国美脚グループ『少女時代』生出演にオジサンたち大コーフン」(2010年9月10日)といった具合だった。

   どんなコーフンぶりだったかというと、キャスターの笠井信輔アナはスタジオを抜け出してフジテレビ本社屋階段の特設ステージに行ってしまう「職場放棄」、長谷川豊アナは「なぜ階段(の踊り場)が舞台かというと、カメラの位置をできる限り下にできるからです。下から見たいじゃないですか、スケベと言われても!」と絶叫する始末だった。

   司会の小倉智昭は彼女たちの好きな日本の食べ物がラーメンやたこやきと聞くと、「まだあまりいいもん食べてないから。オジサンがいいとこに連れて行ってあげようか」と鼻の下を伸ばした。

   ただ、オジサンたちはメンバーの顔と名前が一致せず、それぞれを見分けられないようだった。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中