カリカ林の引退に庄司智春「冷静なツッコミで毒を効かす芸人だった」

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春が9月10日(2011年)のブログで、後輩コンビ「カリカ」の解散を残念がっている。

「後輩のカリカが解散してしまった。そして林は芸能界を引退する。本当に残念だ」

   後輩とはいえカリカの2人(林克治、家城啓之)とは同世代で頑張ってきただけに悲しい。引退を決めた林は、いつもスーツを着用し、プライベートでも着こなす徹底ぶり。「視野が広く冷静なツッコミでちょいと毒を効かす粋な芸人だった」。先輩にも可愛がられ、後輩にも慕われたという。

「林がいろいろ考えた結果の決断だと思います」「でもきっと彼は別の世界でも面白く生きて行くのだと思います」「俺も負けずに頑張ろう」

   一方、ピン芸人として再出発する家城は、よしもとブサイク芸人ランキング3年連続1位で「殿堂入り」を果たす人物。年内まで芸名は「カリカ家城」を名乗るが、年明け後は「マンボウ家城」に改名する。庄司は「マンボウが好きだからマンボウ家城だそうです(笑)なんだよ!マンボウ家城って!」とツッコミを入れつつも、「2人の再スタートに幸あれ」とメッセージを送った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中