いとうせいこう「脱原発デモで廃炉訴え朗読パフォーマンス」

印刷
パフォーマンスをするいとうせいこう
パフォーマンスをするいとうせいこう
「デモ隊の諸君、君たちは路上の花だ!」

   車上でこう叫んだのは、タレントのいとうせいこう。9月11日(2011年)に開催された脱原発デモに参加し、新宿アルタ前でポエトリーリーディング(朗読)によるパフォーマンスを行った。

   いとうは音楽に合わせておよそ6分間、体をうねらせながら朗読を続け、

「我々は自分の未来を、我々の子孫の未来を変える権利と義務を持ちます! 廃炉せよ、廃炉の跡を花で埋めよう」

と繰り返し、そのたびにデモの参加者からは喝采が上がっていた。

   この夜のツイッターでは同じくデモに参加した思想家・柄谷行人の「デモには意味がある。それはデモのある社会をつくる行為だからである」という言葉をリツイート(引用)。自身のパフォーマンスを録画した動画へのリンクを紹介するなどしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中