「若いうちにやるべきこと」60歳以上VS学生―19歳男子の回答にみの憤然

印刷

   番組最後のコーナー「みの味」の火曜日のメニューは「なんでもランキング」。今朝(2011年9月13日)は60歳以上の人生の達人100人と10~20代の学生100人に、それぞれ巣鴨や渋谷で聞いた「若いうちにやるべきこと」。スタジオの60歳以上は司会のみのもんただけなので、人生の達人はみのが、学生はアナウンサーの加藤シルビアが代表して解説する。

肌の手入れとは「何を軟弱なことを!」

   まず第5位から紹介。60歳以上では「パソコン」3人。「その頃、パソコンなんてなかったじゃないですか」とコメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)が口を挟む。4位は「社交ダンス」7人だった。

涙なくして語れない

   学生の方は5位「ボランティア」7人、4位「1人暮らし」9人。加藤シルビア「ボランティアは震災の影響かもしれませんね」。1人暮らしは「親元を離れる前に一度は経験したいこと」と加藤。これに対し、みのが「甘いこというんじゃないよ」とまぜっかえす。

   続いて第3位。60歳以上は「英会話」20人。65歳の男性のコメントがある。

「妻と2人でオーストラリア旅行に出かけ財布を落とした。警察に行ったが、あたふたするばかりでまったく説明できなかった」

   みの「僕なんかも、英会話やっておけばよかったと思いますよ」

   学生の3位は「肌の手入れ」13人。「なんだ、なんだ!」とみの。加藤が「女性と思いきや、男性のこんな声があります」と、19歳の大学1年生の男子のコメントを紹介した。

「年をとってからシミだらけになりたくない。海でもシャツを着けたまま泳ぎ、日やけに気をつけている」

   みの「何を軟弱なことを」

69歳男性「親孝行をしたかった」

   60歳以上の2位は「自由な恋愛」22人。これにはスタジオにどよめき。

   みの「僕らの頃は男女7歳にして席を同じゅうせず。女性は男性から3歩下がって歩く時代。最終の新幹線ホームでキスするなんてこと、なかった」

   72歳の女性のコメントが切ない。

「親が決めた相手と結婚。夫に何の不満もなかったが、いま思うと、1度だけ燃えるような恋に落ちてみたかった」

   学生の2位は「おしゃれ」20人。3位の「肌の手入れ」に続く、みののいう軟弱路線。

   さて、第1位はなにか。60歳以上の解答に、みのは「涙なくしては語れない」と言う「親孝行」38人。69歳男性は「28歳の時、母親が他界。親孝行らしいことができなかった。若い人は親への感謝を忘れないでほしい」と語っている。

   学生の1位は「海外旅行」42人。21歳の大学3年の女子は「時間やお金を自由につかえるのは学生の特権なので」

   どちらに共感できるかで、年代の色分けができる。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中