やってきた!「RAINBOW」おへそ生ダンスにスタジオはしゃぎっぱなし

印刷

   ウエンツ瑛士の「WEニュース」コーナーが先週伝えた韓国のダンス・グループ「RAINBOW」が13日(2011年9月)、とうとうスタジオにやってきた。韓国では「セクシーすぎる」と放送禁止のダンスを「『スッキリ!!』はやっちゃいます」と本邦初公開。

ショートパンツ、タンクトップに7色の衣装

   ウエンツが「テンションあがってます」と紹介した7人グループは、「KARA」の妹分だという。白のショートパンツ、タンクトップに各人違う7色をあしらったチョッキ?というだけで、もう十分セクシーだ。日本デビューは明日(14日)だというのに、全員が「日本語ができまーす」と声をそろえた後、一人ひとりが日本語で自己紹介した。赤がジェギョン、グリーンがジスク、オレンジがウリ、紫がユネ、紺がスンア、黄色がヒョニョン、ブルーがノウルだ。

かわいい

   司会の加藤浩次が「練習がよくできてる」というと、メンバー全員が笑った。リーダーのジェギョンが「全員日本語ができます。KARAさんからのアドバイスで、一生懸命勉強しました」という。

   色の説明もあった。「おてんばだからグリーン」というと、加藤が「なんでおてんばだとグリーンなの」と突っ込むが、そこまではまだ説明できない。まあご愛嬌だ。「黄色はひよこ」に、キャスターのテリー伊藤が「いつかニワトリになる」と突っ込んだから爆笑。

裾つまみ上げてときどきチラリ

   さていよいよ「おへそダンス」。歌詞は日本語で、歌自体は他愛もないものだが、7人のそれぞれの動きにヤマを組み込んだ振付けはなかなかのモノ。パンチもある。時折、 タンクトップのすそをつまみ上げておへそをチラリと見せる。

   テリー「セクシーでかわいかった」

   で、おへそダンスのコツを伝授。ジスクが「洋服のすそを持って、少しづつ上げながら、ヒップを左と右にシェイクします」とコーチして、「せーの、エイ、エイ、エイ」と全員でやってみせた。そこで加藤が「エイ、エイ、エイ」とおへそを出したもんだから、全員が手で顔を覆う。まあ、演出なのだろうが、いやいやたいしたものです。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中