「芸能人いざこざ」和解ごっこ無理作り―1か月でもうネタ切れ!?

印刷

「ブラマヨ世紀の和解SHOW」(日本テレビ)2011年9月11日1時~

   「とかく芸能界はいざこざだらけ。この番組はそんないざこざの当事者が面と向って全てを吐き出し和解する番組」というナレーションから番組が始まる。司会はブラックマヨネーズ、和解させ屋として野村克也が出演、ブラマヨ吉田に「楽天とのいざこざはさすがにもう解消?」と訊かれ、苦笑いするノムさん。野球とはまったく関係のないバラエティに嬉々として出ている姿は、ただの出たがりじいさんにしか見えない。
   この日のいざこざは、一般人の女性がM-1ファイナリストのお笑いコンビKのBに捨てられたと訴えるものだった。まず被害者の元カノが登場し、いざこざの中身をイラストで紹介。次に加害者のお笑いコンビKのB(カナリアのボン溝黒)が登場。お互いの言い分を述べ、最後に「和解させ屋」のノムさんが判定を下すという流れで、今回は「まだ2人ともホレ合っている」とノムさんの命令で、お互いに歩み寄り和解のハグをすることになった。
   この番組、今年の8月に始まり、最初こそ、三又又三が「自分のアドバイスで再ブレイクしたのに、なんの礼もない」と有吉弘行を訴えたり、にしおかすみこが我が家の杉山は「お金に汚い」と訴えたりと、いざこざ自体の中身が濃かったのに、今回は無理やり作ったようないざこざでがっかり。わずか1か月で早くもネタ枯れか?! どうせならもっと面白いいざこざを取り揃えて貰いたい。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中