田中みな実アナVSしずちゃん「仲直りバーベキューでかえって険悪」

印刷

「さんまのスーパーからくりTV」(TBS)2011年9月11日19時~

   この番組の最近の注目企画は「田中みな実アナVSしずちゃん」だ。ことの発端はTBSの田中みな実アナの目に余るぶりっ子に、「こいつキライやわ~」と南海キャンディーズしずちゃんが不快感をあらわにしたこと。以来、田中アナのぶりっ子をウォッチする企画が始まった。

   今回はそんな2人を仲直りさせようと南海キャンディーズの山ちゃんがバーベキューを企画。山ちゃんが用意した食材を見て、「お肉さんにお魚さん…すっご~い」とさっそくぶりっ子を発揮する田中アナ、苛立つしずちゃん。

   田中アナは別の番組でもマツコ・デラックスに嫌われ、「大好きなマツコさんに嫌われてしまうようなことをしてすみませんでした」と泣き出してマツコを困らせていたが、女子アナがここまでキャラ設定する必要があるのか。こんなのがいざという時、ニュースを読めるのかと疑問。

   ところで、この日のもうひとつの企画に「6歳の女の子が憧れのJSモデルを体験」というのがあった。JSとは女子小学生のこと。ちなみにJKは女子高校生、JCは女子中学生を指すらしい。

   番組ではJSモデルたちの撮影現場などを映していたが、その彼女たちはつけまつげにマスカラを重ねた大人顔負けのゴージャスメイク。今どきの小学生はこんなことになっているのかと驚いた。テレビがこういう子供たちを「お洒落」だなどといって持てはやすからバカな親たちが真似をさせる。子供は子供らしくが一番だ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中