野田初演説―何とかならないか!ヤジと怒鳴り声の異様議会

印刷

   今回は相田みつをではなく勝海舟だった。昨日13日(2011年9月)に招集された第178回臨時国会で野田首相が所信表明演説を行なった。会期は今月16日までのたった4日間。司会のみのもんたは「何でたった4日間なんだろう」と短すぎる会期に首を傾げた。

「相田みつを」でなく「勝海舟」引用

   野田は演説で「政治に求められるのは、いつの世も『正心誠意』の4文字があるのみです。意を誠にして心を正す」と話し、低姿勢をアピールした。「誠心誠意」ではなく「正心誠意」としたのは勝海舟の「氷川清話」を引用したからだ。そして、東日本大震災の被災地復興や原発事故対応を加速させるため、野党に協力を要請。衆参両院で合計12回も頭を下げる「ペコペコ演説」に終始した。

   しかし、自民党など野党は短い会期に猛反発している。アナウンサーの加藤シルビアが「首相の演説時間は35分35秒で、民主党総理の中で一番短い演説時間でした」と報告。みのは「野田内閣が何をやりたいのか、何をしようとしているのか。昨日の演説ではさっぱりわからなかった」と苦笑い。

   コメンテーターの若狭勝(元東京地検特捜部副部長・弁護士)「正心誠意という言葉の意味は野心がない。よこしまな考えがないということ。でも、たった4日間で国会を終わらせようというのは、正心誠意ではないということを自ら証明しているのと同じ」

片山善博・元総務相「ほとんど聞こえなかった」

   城戸真亜子(洋画家)は「言葉が宙に浮いているという印象でした。それにしても、あのヤジの凄さは何とかならないものでしょうか」と、野党の怒鳴り声か奇声なのかわからない大騒音を批判した。

   1年ぶりにスタジオに戻って来た片山善博・前総務相も「あのとき私も議場にいたが、もの凄いヤジで首相が何を言っているのか、ほとんど聞こえなかった」と異様な雰囲気に包まれていたことを伝えた。自民党の馳浩議員は「逃げるな民主党!尻尾を巻いて逃げるなら、さっさと千葉に戻って駅前で街頭演説でもしていて下さい」とわめき散らしていた。やじが仕事の国会議員はもういらない。

文   ナオジン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中