野田首相「所信表明」増税抜き!逃げたのか慎重なのか

印刷

   日本の首相がたどる道はだいたい決まっている。彼の支持率は、日毎に、一歩進むごとに着実に失われる。毒におかされたRPGゲームのキャラクターがライフを減らしていくのと似ている。ゲームと違うのは、回復が容易でなく、1年ほどで死に至るところだ。

新聞報道あるのにいっさい触れず

   昨日の野田の所信表明演説に対して、番組司会の小倉智昭は手厳しい評価をくだした。新首相誕生時には見守り、首相がなにかやってからモノを言うべきだとの考えを示していたオグラは、その言葉通り、そろそろ批判、非難の幕を開けたようである。

花火打ち上げても…

   曰く、「震災から半年たって就任して、もっと前に進んだことを言ってもらえないのか」。増税に関しても、新聞報道等で具体的な話がでてるにも関わらず、「一切触れないのは、逃げにしか見えないんですよ」と、勇者オグラは「逃げ腰」の首相に不満を表明した。

   コメンテイターの高木美保は、まだ攻勢に転じなていなかった。首相の慎重な態度は、「いままでは花火を打ちあげたけど、ガッカリすることがおおかった」前任者たちの失敗の猛省の上にある。まずはしっかりと自分の足元を固めようとしているんだそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中