加藤茶「ちょっとだけよ~」じゃない新婚生活「週1回を2回、3回に増やす」

印刷

   タレントの加藤茶(68)がきのう14日(2011年9月)、デビュー50周年を記念した新曲の公開レコーディングを行った。集まった記者たちの関心は「45歳差」の結婚生活に集中した。

――どこに惚れたんですか。

   「ひと目見てね、目がくりっとしていつでしょ。で、おちょぼ口。この形が大好きなんです」

――で、チュッチュッと?

   「(妻の唇は)ボクのと同じ形。そう吸い過ぎて」

――話が合わないとかはないんですか

   「ないし、どっちかというと、ボクの方が引っ張られてる。しっかりしてます。悪いこというと叱られるし、ちょっとカムと『なにカンでんのよ。芸人じゃないのよ』って。きついでしょ」

   仲間では仲本工事(70)が30代の演歌歌手・三代純歌との交際が報じられているが、これについては「女の子がついて歩いてるなと思ったら、これだった。あのヤロー、どこにでも連れて歩く」

――次は志村けんさんですかね。

   「志村さんはどうですかね。多分、動物と結婚するんでは」

――子づくりは?

   「せいぜいがんばっても週に1回」と笑って、「それを2回、3回にするには運動したりしてがんばらないといけない。目標としては100歳まで生きて、子どもを2人生んで、外国の大学へやりたい」

――10月には旗揚げ公演がある。

   「これもがんばらないといけないが、まずは子づくりですね」(爆笑)

普通の68歳と違う

   いやはや、おそれいりました。

ドリフはすげえ

   司会の加藤浩次「テリーさんより6つ上。すごくないですか」

   キャスターのテリー伊藤「すご過ぎますよ。45歳の差でしょう。そこでいくというのがね」

   加藤「押して押して押しまくって、ものにした」

   おおたわ史絵は(医師)「女性の方も懐が深いなと思う。そのうち介護が見えてくるじゃないですか。加藤さんの魅力が普通の68歳と違うんだと思う」

   本村健太郎(弁護士)「育児と介護を両方をやらないといけない」

   加藤「それは失礼でしょ。すごい元気になられてるから」

   森圭介アナ「お相手はこれまで社長秘書とかいわれてたんですが、きのうの会見で、会社をいくつも経営している方だと」

   テリー「お嬢様じゃないんだ」

   森「近いうちにブログでツーショットの会見もあるそうです」

   加藤「全然、『ちょっとだけよ』じゃないじゃないですかー」(大笑い)

   仲本も来年には結婚式を挙げるという。

   加藤「ドリフはすげえ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中