東電「手順書墨塗り」で隠したい「その時トップ2人の不在と無為」

印刷
「安っぽい詠嘆、みせかけの純朴さと、貧相な抒情、傲慢なへりくだり、嘘の弁解、名声への執着、悟り自慢といった虚飾の匂いがする」

   これは「週刊朝日」連載、嵐山光三郎の「コンセント抜いたか」からの引用である。この文章は相田みつをの詩を批判しているのだが、その詩を引用して、見せかけの庶民派をアピールした野田佳彦総理へのみごとな批判にもなっている。よく、売り家と唐様で書く三代目といわれるが、民主党の3代目総理になった野田も、続々と噴き出す大臣たちの不祥事を見る限り、民主党を「売り家」と書く日も近いようである。

   任命した大臣ばかりでなく、野田自身にまつわるスキャンダルも次々暴かれている。外国人からの献金問題もあったし、週刊朝日「『怪しいタニマチ』疑惑の接待」では、競馬予想情報提供会社や不動産、墓地・霊園事業などを手がけるオーナーで、2004年5月に2億4000万円の脱税容疑で逮捕、有罪判決を受けた人物から、前原誠司政調会長がパーティー券代として計100万円、同じく野田総理が計80万円、蓮舫行政刷新相が計120万円の政治資金を受け取っていたと追及されている。

キャバクラ嬢にバラされた野田首相秘書「変態ぶり」

   側近にもろくな者がいないことを「週刊文春」が暴いている。野田が財務相のとき大臣秘書官に任ぜられ、いまも野田のところに在籍するベテラン秘書の何ともバカバカしいが、看過できない「性癖」騒動である。秘書官(当時)は今年2月(2011年)にフラッと入った赤坂のキャバクラ嬢をたいそう気に入り、金に糸目を付けずチップを周りにばらまき、支払いも現金だったという。店ではどんな会話を楽しんでいたのか、そのキャバクラ嬢がこう語っている。

「自分の(男性器の)元気な姿をケータイで撮ったものやハメ撮り写真を見せてきたり、同窓会で会った女性とエッチしたとか…」

   性事のことばかり。早朝電話をかけてきたり、大臣が閣議でいない間に彼女を相手に「テレホンセックス」に興じていたというのだ。アホらしい話ではあるが、こんなことも女にバラされてしまうほど危機管理ができない側近がいたのでは、野田の隠しておきたい「過去」さえもどんどん流失してしまうかも知れない。

島田紳助「沖縄籠城生活」の内心ビクビク

   さて、沖縄逃避行を続ける島田紳助だが、「週刊新潮」に続いて「フライデー」が恩納村に張り込んで「沖縄籠城生活」を撮っている。近くに海もいいゴルフ場もあるのにまったく外出せず、スタッフが買ってきたもので宴を楽しんでいるようだ。ベランダ越しに見る紳助は頭はもじゃもじゃで無精ひげを生やし、ラフな格好でバカンスを楽しんでいるように見えるが、内心、これから始まるかも知れない警視庁や大阪府警の追及をどう逃れるのか、頭のなかはそのことでいっぱいかも知れない。

   紳助の引退で、テレビキー局は軒並み「要注意出演者」リストを作り始めたと書くのは週刊新潮。10月1日から東京でも施行される「暴力団排除条例」は、現代の魔女狩りになるのではないかと疑問を呈しながら、引っかかりそうな芸能人をズラリ挙げている。北島三郎、身内にその筋がいるという吉幾三、舟木一夫、酒井法子、任侠映画スターの梅宮辰夫、松方弘樹、小林旭などなど。このなかにバーニングの名前が見あたらないが、ここは暴力団とはまったく関係のない真っ白いプロダクションだったっけ?

   文春は和田アキ子が紳助、渡辺二郎と「賭け麻雀」をしていたと書いている。千点2000円の超高額レートで、一晩に100万円単位のカネが動くそうだ。

福島原発事故「人災」の決定的証拠

   先日も書いたが、このところ原発事故関係の記事がめっきり少なくなっているのはどうしたのだろう。事故が収束したわけではない。福島県は原発事故後、人口の減少が止まらず、約2万5000人が県外に転出したという報道があったばかりだ。

   今週の大きな見出しを見る限り、新潮はゼロ、文春は東電の値上げ問題だけ。あれだけ放射能の危険を訴えてきた「週刊現代」もゼロである。売れなくなればどんなに大事なことでも捨て去ってしまうのが週刊誌ではあるが、原発事故は世界規模の大災害である。半年で誌面から消してしまうのは、役割放棄ではないか。

   意外といっては失礼だが、フライデーが原発関連記事を3本やっている。そのなかの1本「スミで146行塗り潰し!東電が隠す『事故手順書』」(「週刊ポスト」でも同じものをやっている)では、原発事故原因を検証するために衆議院が求め、9月7日にようやく東電が出してきた「事故時運転操作手順書」は、12ページ分、全159行のうちスミが塗られていないのは13行だけだったと書いている。

   東電は知的財産や開示することで原子力安全確保上の問題が生じるためだと弁解しているが、フライデーは「福島第一原発事故が『人災』であることを示す決定的な証拠がそこに記載されている」からではないかと批判する。

   地震直後、1号機原子炉内の圧力が急激に低下したが、これは揺れによって配管損傷が起きた証拠ではないかと指摘されている。東電と保安院は圧力低下の理由を「非常用復水器が作動したため」としているが、それがわずか11分で停止されたのは辻褄が合わないではないかという強い批判がある。もし非常用復水器が作動していれば、メルトダウンから水素爆発までの時間をかせぎ、事故を回避できた可能性もあったのに、作業員の手によって手動で停止されてしまったのだ。

現場は判断できない「廃炉」にするかどうか

   これを読んでいる方は、私が事故直後の3月13日に公表した「地震のとき北京で勝俣東電会長と一緒にいた」ということを思い出してほしい。あとになって清水社長も奈良方面にいたことが判明するのだが、東電の決定権を持つトップ2人が震源地から遠く離れ、東電本社で2人が揃ったのは、どう考えても地震が起きてから丸1日近くが経ってからのはずである。原発事故は現場だけで判断できるはずがない。廃炉にするかどうかを含めて、トップの決断がなければ動きがとれなかったはずである。

   私は東電の不幸が日本人全体の不幸になってしまうのではないか、そこのところをしっかり検証してくれと新聞を含めたメディアに話したのだが、どこも検証したところはないようだ。

   この記事を読んで、東電が隠したいのは非常時には、現場はもちろんだが、トップが即断するべきことも細かく書いてあるのではないか。しかし、そのトップ2人とは満足に連絡さえ取れなかった。そのことを含めて東電は隠したいのではないか。この私の推測はそれほど間違っていないのではないか。ページに載っている勝俣東電会長が自宅から出てくる写真を見ながら、私は考え込んだ。

「小向美奈子AV連続写真」そそられるセクシー姿態

   小さな記事だが女性誌「an・an」恒例のSEX企画について、亀和田武(週刊朝日の「マガジンの虎」)と文春が批判しているのがおもしろい。89年に「セックスで、きれいになる」と宣言したan・anはかっこよかった。女の側からセックスを楽しもうという提案だから新鮮だった。あれから20年以上がたち、今年のテーマは「感じあう、SEX」。亀和田は幼稚すぎて笑った。ギャル雑誌のH企画レベルだという。それは「性を妄想して楽しむ。その遊び心を欠いた」ためだと指摘している。

   文春で北原みのりさんは、an・anの特集が女性が楽しむためのセックスだったものが、風俗嬢育成マニュアルになってしまったと嘆き、こう続ける。

「自分のためのセックスではなく、男に求められるためのもの。まるでセックスは愛されるための道具であり、仕事になった。こうして媚びと保守化は当初の、自由への希望とはまったく逆です」

   江戸時代のあっけらかんとした性生活を語り合っている「江戸の名器」(現代)も興味深く読んだ。

   ポストは合併号明けに満を持して「独占袋とじ企画 小向美奈子誌上AV連続写真」をもってきた。クスリ疑惑騒動もあり、フィリピンに逃げていたときに撮られた写真のあまりにもデブな姿に、カムバックは難しいのではないかと思っていたが、写真で見る限り、彼女の愛らしさがよく出ているうえに、なかなかそそられるセクシーな姿態である。この子が出ているAVなら見てみようかな、そう思わせるお得感のある袋とじである。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中