石川遼20歳「大人になっても、大人しくないゴルフで攻めていきます」

印刷

   先週の土曜日(2011年9月17日)に20歳の誕生日を迎えたプロゴルファー石川遼が生出演した。22日から始まるパナソニックオープンに出場するが、TBSはこの大会を放送するので、前宣伝も兼ねてスポーツ担当アナンサーの高畑百合子が会場の琵琶湖カントリー倶楽部(滋賀県)を訪れ、そこから生中継した。

父親と母親とちょっとお酒飲んだ

   高畑から贈られたバースデーケーキに立てられた20本のろうそくを一気に吹き消した石川に、スタジオから司会のみのもんたが聞く。

   「20歳って実感しますか」

   石川「やっぱり、いちばんは、父親と母親とちょっとだけですが、お酒を飲んだことです。それ以外はほとんどないです」

   みの「家族からなにかお祝いをいただいたの」

   石川「はい。母親からたくさんプレゼントいただきました。いつも洋服を買ってくれるんですが、それが一番うれしいです」

   みの「ゴルフはこれから本格的なシーズンですね」

   石川「12月まで連戦が続きます。熱いシーズンになると思います」

   みの「20歳になって、ゴルフが変わるということはありますか」

   石川「そうですね。変化はありませんが、むしろ、大人のプレーというよりは、今まで以上にがむしゃらに攻めていければいいなと思っています」

   20歳の誓いとして上げたのは、「『大人』しくないゴルフ!」。アマチュア風にいえば、おじさんゴルフではなく、これからも若者らしいゴルフを、というわけだ。

震災寄付の獲得賞金とバーディーいくらに?

   今年は獲得賞金全額とバーディー1個につき10万円を震災の義援金として寄付することにしている。現在、賞金ランキング1位を保っているが、まだ優勝がない。「みなさんにいちばん元気を出していただけるのは、優勝だと思っているので、これからできるだけ多く優勝できるように頑張りたいと思っています」

受け答え完璧

   インタビューを終えて、みの「いつも感心するのだけれど、受け答えが完璧」。コメンテーターの尾崎弘之(東京工科大学教授)も「調子が悪くてもきちんと取材に応じる。あれはできないですよ」

   みの「ファンが多いから、みんな、われ先に写真を撮ったり、サインをねだったりするが、そういうとき、遼君は決して怒らない。大ベテランの選手でさえ、ファンに向かって、てめぇって怒ったことがありますからねぇ。彼にはいっさいそれがない」

   最後まで、感心しきりだった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中