東国原またその話かい!耳タコにMC20人いちいちのリアクション目障り

印刷

「20マウス」(TBS)2011年9月14日23時45分~

   深夜のトーク番組。ほかの番組と違うのは、ゲストに対して20人のMCがいること。ひな檀にいる20人が全員MC。彼らがゲストの知られざる魅力を引き出す企画を考え、それを元にトークしていく。この日のゲストはたけし軍団の先輩後輩、東国原英夫&水道橋博士だった。東国原はビートたけしの1番弟子ということで、弟子入り当時の話や、ほかの弟子たちの話で盛り上がっていた。たけし軍団といえば、フライデー襲撃事件があまりにも有名だが、スタジオの20人MCの中には事件そのものを知らない人が多かった。事件が起こったのは1986年、今から25年も前の出来事だから知らないのも無理はないが…。
   とはいえ、東国原によるフライデー襲撃事件は、過去に何度も語られているてっぱん話で、師匠から電話がかかってきたとき、自分はいつか講談社主催の江戸川乱歩賞をとりたいと思っていたから、講談社には行きたくなかったとか、いやいやだったのでエレベーターにも最後の最後に乗ったのに扉が開くと自分が先頭になっていたとか、もう耳タコだ。にも関わらず、20人のMCたちがいちいちリアクションするから目障りでしょうがない。20人もMCがいるのなら若者だけで固めず、25年前の出来事を知っている世代も配すべきだ。そうでないと同じネタを使いまわし、薄っぺらいトークでお茶を濁すつまらない番組しか出来なくなる。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中