中村憲剛「被災地でサッカー教室。来なければ分からない現実」

印刷

   サッカーJリーグ「川崎フロンターレ」が、東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市の小学校でサッカー教室を開き、集まった子どもたちとミニゲームなどを行った。参加した日本代表の中村憲剛が9月18日(2011年)、ブログで感想を書いている。

「実際に見る景色は、僕たちの考えていたものよりはるかに大変なものでした。テレビで見てる情報だけでは絶対わからない、来なければわからない現実でした」

   被災地を目の当たりにし、子供たちにどんな声をかけたらいいか分からなかった中村。「限られた時間の中でみんなにサッカーを楽しんで帰ってもらいたい」との思いで教室に臨んだが、「結果的に子ども達は楽しく元気にボールを蹴ってくれて、こっちが元気を分けるつもりが逆に子ども達の強さ、たくましさに元気づけられてしまいました」という。

   教室後は市内をまわり、「僕たちができることは小さいことかもしれません。ただ、どんなことでもやり続けることが本当の意味での支援だと思います」と、今後の支援の継続を誓っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中