地味首相に「控えめ夫人」初訪米でもテレビ映えイマイチ

印刷

   野田首相が昨日(2011年9月20日)、夫人とともに訪米。国連総会や日米首脳会談などに臨むというが、なんといっても気になるのは「控えめ」で、マスコミ露出もほとんどないファーストレディである。

   仁美夫人の飛行機タラップでのファッションと、お手振りの出来は、とくダネ!出演者の目にどう映ったのか。

黒のスーツ姿で手の上げ方も…

   「上下黒のスーツで、やはりかなり控えめな様子ですよね」と森本さやかアナ。「手の上げ方が、ほんと控えめなんだよ」と司会の小倉智昭。

高木:いいと思います

   地味な首相に、「これまでのファーストレディとはちょっと違う」(森本)控えめな妻。あまりテレビ映えはしない感じではある。しかし、目下のところは、そうした点を、現実的である、地に足がついている等の、一種の「美徳」と見なす向きも少なくはない。

   「でも内閣自体が、夢からさめた内閣なので、現実的にバックアップされている感じでいいと思います」(高木美保)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中