「元紳助レギュラー」とうとう3本。残る番組消える番組

印刷

   ABCテレビも「クイズ!紳助くん」の打ち切りを正式に決め、6本あった島田紳助のレギュラー番組のうち、「紳助社長のプロデュース大作戦!」(TBS系)、「クイズ!ヘキサゴン2」(フジテレビ系)に続き3本目だ。これで継続を決めているのは「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)、「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)、「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)だが、はたしていつまで続くのか。「法律相談所」は東野幸治や宮迫博之らが交代で司会をつとめ、「鑑定団」は今田耕司が後釜に決まり、「深イイ話」はもともと紳助は司会ではなく、スペシャルコメンテーターという位置づけだったから、もはや紳助抜きが定着してきている。東京キー局の編成担当者はこう話す。

   「鑑定団は石坂浩二がメインで、紳助は賑やかしの役割。今田で十分やれますよ。深イイ話もいいネタさえ揃えられればこのままやっていけると思うが、紳助がいたころから息切れしてきてたものね。厳しいのは法律相談所ですよね。あの番組はだいぶ以前から法律バラエティーじゃなくて、紳助のゲストいじりがメインになっていた。10月に後任の相談所長が決まるらしいが、誰がなっても紳助のようなゲストいじりはできないでしょうね」

   となると、残るのは「鑑定団」で、「深イイ話」は紳助がいても来年春で打ち切り検討、「法律相談所」も大幅な模様替えで存続できるかどうかということのようだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中