2018年 7月 19日 (木)

尖閣衝突ビデオ公開せよ!「ウヤムヤ外交」にワイドショーも怒った1年前

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>前週から大騒ぎになっていた尖閣諸島沖の中国船体当たりで、那覇地検は船長を処分保留で釈放したことに、不明朗な菅内閣の対中外交に批判が集中した。とくに、中国側はレアアースの対日輸出ストップや日本人ビジネスマンの拘束といった理不尽な報復は目にあまり、衝突の事実関係を解明するための裁判を開くことなく犯罪行為を見逃すことは、中国に屈服することと国民には映ったからだ。

   ワイドショーもまずは「尖閣沖で何があったのか」をはっきりさせるためにも、「まだ遅くない!『中国船体当たりビデオ』公開で無法ぶり訴えよ」(テレビ朝日系スーパーモーニング」)、「なにが映っているのか『尖閣衝突ビデオ』政府ようやく公開」(TBS系朝ズバッ!)と、とにかく衝突ビデオを公開して事実関係を国民に明らかにすることが先決だと正論を展開した。

   こうした世論を受けて、政府は衝突ビデオの一部を衆院予算委委員会の秘密会で限られて国会議員に公開したが、国民は納得できず、かえってイライラは募った。海上保安官が持ち出した衝突映像を流すのは半月後のことである。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中