大相撲に小倉のイヤミ炸裂! 「面白くなった」ウラを返せば…

印刷

   大相撲秋場所が、世間的には「空席が目立ってるってニュースは耳にしましたけど――」(中野美奈子アナ)という感じで昨日(2011年9月25日)、終了。この番組では、琴奨菊が日本人としてはじつに4年ぶりに大関昇進をはたす見込みとのことで、この日流の稀少な躍進が大きく取り上げられた。

   そんな朗報にも、たいして関心がなさそうだった司会の小倉智昭は、コメントの段になると、「ボクはショージキ言って、今場所まったく相撲に興味がわかなかった」と激白し、「そういうふうにしたのは相撲自体だと思う」と、ゴタゴタ続きの角界にあらためて苦言を呈した。

「土俵際での攻防も多く見られた」

   ただし、今場所15日間通ったという横野レイコ・リポーターによれば、相撲自体は前よりおもしろくなっているそうである。「十両からの土俵が、確実におもしろくなっている。土俵際での攻防も多く見られた」そうな。

興味わかず

   「おもしろくなったのは、ガチンコになったからですか?」。オグラは皮肉な笑いを浮かべ、答えのわかってるイヤミな質問を部下にするように、慇懃無礼に尋ねた。横野がケレンミなく「ハイ」と即答すると、オグラは「なんか、ウラを返せばってことになっちゃいますが――」と首をひねる。

   八百長問題が依然として、オグラの心に大きなわだかまりを残していることをうかがわせた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中