また落ちてくる人工衛星 「人に当たる確率アップ」の不安

印刷

   3200分の1の確率で人に当たると予測されたアメリカの人工衛星が大騒ぎの末に落下した。

   番組が伝えるところなどによれば、地上からはきれいそうに見える宇宙(地球軌道上)は、意外にゴミだらけだという。しかも、人工衛星などがいつどこに落ちる(た)かは、予測がむずかしく、なす術ナシ――。予測どころか、何時にどこに落ちたのかすら定かではない。

宇宙お掃除ロボが必要?

   「ニュートリノが光より速いとかいう(ことが計測できる)時代に、人工衛星が大気圏に突入したと思われる時間が、2時間も幅があるって。なんでわからんの?」と司会の小倉智昭は苛立ちを隠さない。

なんで?

   ルンバかなにかで、元人工衛星などの宇宙ゴミを掃除することはできないのだろうか? JAXAなどが宇宙ゴミをなんとか制御する方法を開発中だという。が、よく聞けば、まだ計画、実験段階だそうな。

   約1か月後ぐらいには、1990年に打ち上げられたドイツの人工衛星が落下する予定だという。次回は、人にぶつかる確率、2000分の一。今回よりもさらに当たりやすくなってる。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中