10年間に脅迫状1300通。福岡の嫌がらせ54歳女性逮捕

印刷

   奇妙な事件があるものだ。10年間に1300通の脅迫状を送り続けたとして、福岡市の54歳の女が26日(2011年9月)、脅迫容疑で逮捕された。送りつけられたのは3人暮らしの一家で、最近まで送り主の見当もつかなかったという。

「死ね!死ね!」「「貧乏人め!金が欲しいか!」「みにくいバカづら」

   逮捕の直接容疑は2009年1月から昨年10月までの約350通だが、警察に保管されている数は1300通にもなる。ハガキや封書で、差出人名はなく、投函場所も様々。男名前もあるが。指紋は検出されていないという。

そこら中にある事件

   被害者は女と面識はあった。しかし、脅迫されるような心当たりはないという。ペットボトルを投げ入れる姿が防犯カメラに写っていたことがあり、要注意人物としたが特定できなかった。警察はハガキの消印などから1年かけ割り出した。女は犯行を認めている。が、動機はわかっていない。

   とにかく10年間、2日に1回というペースで誹謗、中傷を続けたことになる。10年もの孤独な戦い?もすごいが、その内容がもの凄い。

   「ナンミョウホウレンゲキョウ 死ね!死ね!」「貧乏人め!金が欲しいか!のぼせあがるな…金ナシ、男ナシ、父なしガキのくせして」「みにくいバカづら」「クズ!」「ヒマ人 退屈」「嘘・偽装」「社会犯罪者」「ヤスモノのプレハブ家はカビ・異臭だらけ!」「あの親子はくさいものにはフタをし都合の悪い事には黙りこむ」「被害届出してみろ、告訴してみろ」「文句があるなら来てみれ!」「笑いとぼけてごまかしやがる。どこにでもすぐに顔を出す」「かくし合いだまし合いだけが残された手段」「ホラホラホラ、ごきげん伺いしてるよ」

   被害を受けた側は、めまいがしたり不眠などで病院にかかっていたりしていたという。2年間ほど郵便局に配達を止めてもらっていたが、内容を見ないと怖くなってまた送ってもらったという。警察は「傷害罪に近いような脅迫です」という。

両親介護のストレス?小柄で感じのいい人

   女は独身。妹の話によると、10年前は両親の介護が始まった時期と一致する。透析と認知症の介護を続けたが、母親は4年前、父親は昨年亡くなって、いまは1人暮らしだという。妹は「なんで言ってくれなかった。気づいてあげられなかった」と嘆く。近所の人によると、ごく普通の人、あいさつはするし、小柄で感じのいい人という。そんな女がなぜ?

   警察は日常のささいなことを根に持ったのではないかとみる。心理学者も「一方的な思い込みから憎悪を抱いているような」という。

   司会の加藤浩次「文面を見ても目的とか動機がわからない」

   キャスターのテリー伊藤「こういう事件はそこら中にある。一歩間違えればというものが。(この女は)意外と真面目だったのかな」

   加藤「介護と脅迫は直結しないような…」

   テリー「普通は直結しないが、事件は事実。こうならないためには、やっぱり近くにいた人がカギだろうね」

   リポートの阿部祐二は「女はバレないと思っていたので、相当にショックらしい」

   テリー「被害者ももっと早く届けてればよかったかも」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中