2018年 7月 23日 (月)

全日空機の間一髪!副操縦士「軽率」なのか「飛行テクニシャン」なのか

印刷

   「一歩間違えば大惨事」――という決まり文句が多用される全日空機の背面急降下インシデント。今月6日(2011年9月)、トイレに行っていた機長をコクピットに迎え入れようとした操縦士が、ドアを開けるスイッチと間違えて、尾翼の方向舵スイッチをひねってしまったという、にわかに信じがたい理由で起こったとされる。

分解寸前で機体立て直し

   では、なぜスイッチを間違えたのか。番組によれば、ふたつのスイッチは、形状は似ているものの、大きさは違い、場所も離れている。臨時コメンテイターの元全日空機長、前根明によれば、ちょっと考えられないような誤りであり、「なんでこうなったのかは謎」と首をかしげる。

テクニックあった?

   バランスを失い、急降下中の速度はマッハ0.828まで上がった。このボーイング737クラスの機体がマッハ0.9あたりに達すると、機体が持たずに分解するおそれがあったという。

   結局は、なんとか姿勢を立て直した。間一髪で惨事が避けられた要因はなんだったのか。「(副操縦士が)とてもテクニックがあるので、回復できたということですか?」と笠井信輔アナ。

「まあ結論から言うと、そういうことです。必死になって回復した。これが10秒遅れてたらおそらく大惨事だった」(前根)
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中