小倉智昭の下ネタギャグに必死で笑いこらえるの中野美奈子アナ

印刷

   ED治療薬のバイアグラなどのニセモノが出回っていて、国際的協調態勢のもと取り締まりが行われているといったVTRのあとのコメントである。

   高いカネ払ってニセモノつかまされたら、タマったもんじゃない、みたいなコメントはいかにもオグラ的だが、今回の話はカネからシモに流れた。じつはこの司会者、カネの話のみならず、典型的なセクハラオヤジギャグにも強い。

「偽物バイアグラ」国際協調で取り締まり

   「使ってみなければ、わかんないワケですもんねぇ」とオグラ。「まあ、そうですね」。宴会で泥酔した上司に運悪くからまれたとでもいうように、中野が微苦笑する。オグラは真面目な顔をつくってオチをつけた。「タツのは腹だけですからね」

立つのは腹だけ

   それを聞いて、中野は下を向いた。笑いをこらえていた――ように見えるのだろう、すくなくともオグラには。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中