2019年 3月 21日 (木)

インフルエンザ大流行の兆し―A香港型で早くも学級閉鎖

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

急激な寒暖差で体調崩し感染

   すでに北海道と京都の小学校、山口県の幼稚園ではインフルエンザによる学級閉鎖が発生している。山口県の医師はこう話す。

「こんな時期に出るとは思わなかったですね。まずは東京や福岡などの都会ではやり始めるのですが…」

   山口県で検出されているのはA香港型だ。寒暖差が急激で体調を崩し、感染が広がっている。インフルエンザによる学級閉鎖がこんなに早いのも、新型インフルエンザが流行した一昨年をのぞけば、記録的だ。まだ予防ワクチンを接種している人は少なく、このペースで広がると大流行の恐れがあるという。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中