安藤美姫「今季休養へ」引退・プロ転向臭わせる発言

印刷

   フィギュアスケートの安藤美姫(23)が今シーズン休養することになったようだ。「ニュースのつぼ」コーナーで10月2日付「サンケイスポーツ」紙の記事を紹介するかたちで伝えた。安藤は今年4月(2011年)の世界選手権で優勝し、しばらくは「ミキティの時代」が続くのではないかとも言われていたのに、どうしたことなのだろう。

ジャパンオープンでは転倒2回で最下位

   サンケイスポーツ紙によると、今季の開幕戦となる10月1日に行われた「フィギュアスケート ジャパン・オープン」で安藤はジャンプすべてを失敗、2度も転倒して最下位に終わった。直後の記者会会見で安藤はこう話し始めた。

コーチとの関係
「昨年オフを取るつもりだったのですが、東京で世界選手権やるということで(実際は東日本大震災でモスクワに変更)、延ばしました。今後どうしていくかいろんな人と話して決める予定です」

   安藤はこの8月にも今季限りの引退とプロ転向を臭わせていた。司会の小倉智昭は身も蓋もないことをいう。

「モロゾフコーチとの関係がまずくなっているということは考えられないの?」

   たしかに、それが一番分かりやすい解説だけれど…。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中