琴欧洲「明治神宮奉納相撲大会でゆうしょうしました」

印刷

   大関・琴欧洲が10月3日(2011年)、幕内力士32人によるトーナメント大会「全日本力士選士権」(明治神宮奉納相撲)で6年ぶり2度目の優勝を果たした。

   順調に勝ち進んだ琴欧洲は準決勝で日馬富士、決勝では把瑠都に勝利。右ひざの負傷で途中休場に終わった秋場所の無念を晴らした。琴欧洲は3日のブログで、

「きょう 明治神宮 奉納相撲 大会 で ゆうしょう しました」

と勝利を報告。あわせてブルガリア出身の後輩・碧山が十両優勝を飾ったことを「うれしかった☆」と我がことのように喜んだ。

   また同じ部屋の琴奨菊の大関昇進についても、

「菊関 大関 に なりました☆ うれしい☆ いっしょ に もっと けいこ して がんばります」

と嬉しそうに語っており、2人笑顔で並んだ写真とともに来場所以降への意欲をのぞかせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中