たけしが選んだ芸人さすが見ごたえ―ひとり赤っ恥バーター出演トリオ

印刷

「北野演芸館 たけしが本気で選んだ芸人大集結SP」(TBS)2011年9月28日21時~

   ビートたけしが選んだ「今、一番見たい芸人」がネタを披露するもので、今回、たけしに選ばれた芸人は、ナイツ、TKO、サンドウィッチマン、笑い飯、ダイノジ、中川家、インパルス、友近、オードリー、矢野兵動、からくりどーる、風船太郎、トリオロスアキオ、ダチョウ倶楽部、ケーシー高峰の16組。
   ネタもさることながら、ナイツを「東京で唯一大阪に対抗できる漫才」、笑い飯を「もともと漫才はうまい。あの風貌だから男受けする。ダフ屋とチカンみたいな顔してる」、インパルスを「板倉は根性が悪い。ひねくれているところがいい」というようなたけしによる紹介コメントや、感想コメントに見るべきものがあった。
   大半のコンビは納得だったが、トリオロスアキオという聞いたこともない芸人が混じっていて「?」と思ったら、これについてはたけしが「これはバーター。俺、出す気ないのに事務所がヨシモトと大手ばっかりじゃないかって」と内情を暴露していたのも笑えた。案の定、ネタはいまいち。実力もないのにバーターで出てもかえって赤っ恥をかくことになるので、今後、こういう取り引きはやめて、本当にたけしが見たい芸人を選んでもらいたいものだ。
   たけしに認められたというお墨つきは後輩芸人にとっても励みになる。レギュラー番組にとまでは言わないが、年に数回、特番として続けて欲しい番組だ。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中