「駅員への暴力」過去最悪―女性職員の胸触ったり抱きついたり

印刷

   駅員への暴力行為が横行している――という話はよく聞くが、日本民営鉄道協会の2010年度の統計でも、暴力行為の発生件数は800件以上で、過去最悪水準を維持しているという。

   番組は、客からの暴力被害にあった現役駅員を集めて、話を聞いた。なかでは、女性への性的いやがらせ、「節電」という世相の反映――が目新しく思われた。

節電でエレベーター休止「おまえが荷物運べ」

   40代の女性駅員は、節電でエレベーターが止まっているのを見知った客から「エスカレーターが動いてないから、おまえが荷物を運べ」といったことを言われ、荷物を押しつけられたという。

   またセクハラ、痴漢にあうこともしばしばだそうだ。「改札にいるとき、卑猥な言葉を投げつけられたり、『彼氏いるの?』とか、からかってくるお客さまがいる」「抱きついたり、胸を触られたり、そういったことは多々ある」

   こうした問題行動を起こす客は酒を飲んでいることが多いが、駅員たちは「(酒は)ひとつの口実であって、自分のストレスを発散したい」(50代駅員)などといった気持と、駅員は応戦してこないという理解から、気軽に手を出してくるのではないかと分析している。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中