なぜ減らない?風俗系宣伝車―規制条例に抜け穴

印刷

   「これザル条例じゃないか」

   過激な広告宣伝車のデザインを規制する改正屋外広告物条例が10月1日(2011年)から施行されたが、いっこうに効果が現われないありさまに、司会の小倉智昭は不満げだ。その原因を笠井信輔アナが「フカボリ」コーナーで取り上げた。

10月1日から「改正屋外広告物条例」

   車体を広告に使う「ラッピング広告」は、今や電車、バスさらには航空機やトラックにまで登場している。広まるきっかけとなったのは、石原都知事の「空の都バスを走らせるなら広告収入を得た方がいい」という提案。今では東京都に入る広告収入は年間3億円を超え、多い時には10億円に達するという。

ザル法じゃないか

   ところが、近ごろは過激なデザインの出会い系サイトや風俗系の広告宣伝車が都心の繁華街を我がもの顔で走り回るようになった。都民から「公序良俗を乱す」と苦情が寄せられたのを機に、東京都は条例を改正してデザインの審査制度を導入、1日から施行したが、過激な広告宣伝車は一向に減らない。

都外ナンバーならOKだった

   「なぜなのか」と都内の繁華街で調べると、あらら…過激な広告宣伝車は都外ナンバーばかり。規制対象は都内ナンバーの車だけ。理由は「都外の車は地元の自治体で広告掲出の許可を受けているから、都が条例を適用するのは不適切」ということだった。そこで「屋外広告物条例」のある全国146自治体に取材したところ、デザインを規制しているのは64自治体で、していない自治体が82もあった。

   小倉「広告宣伝車の前に、それに該当する商売が成り立っているということでしょう。公序良俗に反するのであれば、そこを規制するのが先なんじゃないの」

   これにタレントの眞鍋かをりが「デザインだけじゃなくて、音もすごくうるさい。トータルで業種を規制しないと」という。しかし、これでは都外からの侵入は防げない。笠井が「暴力団排除条例と同じで、条例なら全国一斉にしないと意味ない」と指摘。これなら公序良俗の維持は可能かもしれない。規制するなら、まえもって都が音頭を取り、全国に規制を広めなかったのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中