韓国BIGBANG・G-DRAGON大麻摘発「日本でたばこと言われて吸った」

印刷

   韓国の人気グループBIGBANGのリーダー、G-DRAGONが韓国当局の検査によって、毛髪から大麻が検出されたことが判明した。本人の弁では、日本滞在中に、クラブ(のトイレ)で見知らぬ人からタバコをもらって吸ったが、どうやらそれが大麻だったようだといったことを話しているそうな。初犯で検出量が少なかったことなどから、起訴猶予になったという。この一件は番組のトップニュースを飾った。

手巻き大麻と区別付かないわけがない

   スタジオでは「こういうの、よくないね!」と、そのまま薬物ダメ絶対のCMに使えそうな勢いで、コメンテイターのテリー伊藤が声を張り上げる。

反省しているのか

   手巻き大麻と、普通のフィルター付紙巻きタバコはすぐに区別がつくはずだ、などと指摘し、「疑問、謎の部分が多いですね」とG-DRAGONの供述に不信感をあらわにした。

   「彼の言ってることは全部、受け身なんですよ。もらいました、すいました、知りませんでした。本当に反省しているのか。なに言ってるんだって感じがするじゃないですか。ちょっと、ダメですね、これは」などと、「自覚が足りない」韓流スターを厳しく指弾した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中