ギリシャ「財政破綻」回避できるのか―背水の世界経済

印刷

   ギリシャのソブリン危機に端を発するユーロ危機はいったいどうするどうなる――といった問題を、この日の放送は扱っていた。「欧州信用不安の行方」という題である。

   ギリシャの危機、欧州の信用不安――。もしもどこかの御下劣なニュースサイトなら、タイトルに「信用不安」なんて、まどるっこしい表現をせず、「欧州金融大パニック! すわ世界大恐慌か!? ニッポンもヤバい!とネット大騒ぎ」みたい見出しがついていてもおかしくない。NHK的な言葉遣いだと、現状は「欧州信用不安」ぐらいがちょうどよいのだろうか。

IMF副専務理事「大丈夫です」の頼りない根拠

   それはそうと、もっとも、ギリシャが破綻すれば、まさしく「欧州の危機」「世界金融危機」の引き金になる可能性は十分あるワケである。

   そこで、ずばりギリシャの債務不履行は避けられるのか、と国谷裕子キャスターがIMF(国際通貨基金)の朱民・副専務理事に聞いていた。市場からほとんど見放された形のギリシャにとって、IMFは重要なパトロンなんである。

   「ヨーロッパの状況は数週間前とくらべて、かなりよくなっている。問題を解決することはできると信じている」と専務理事は言う。

   「つまりギリシャは債務不履行を回避できるということですか」と国谷キャスター。「現時点では回避できると考えている」との答えに、「本当ですか?」と念を押す。国谷キャスターも、ギリシャのデフォルトが相当気掛かりなである。

   「大事なのはすべての政策担当者が行動を起こすことです。いますぐ決断できるかにかかっている。これまでのところ、順調に進んでいる」と専務理事は自信たっぷりだ。

   目下、焦点はEUやIMFがギリシャへの次の融資を行うかどうか。しかし融資するかどうかの決定は13日以降に先送りされたといい、国谷キャスターは「ヨーロッパ情勢はきわめて不透明感の強い状況」としめくくった。

*NHKクローズアップ現代(2011年10月4日放送「欧州信用不安の行方~IMF副専務理事に聞く~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中