2020年 8月 15日 (土)

iPhone 4Sの「4S」は「Forスティーブ」(スティーブに捧げる)

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   アップル社の前CEOスティーブ・ジョブズの死が世界中に衝撃を与えている。日本でも東京・銀座の「アップルストア銀座」前には6日(2011年10月)午後、死を悼む人々が献花に訪れた。フジテレビ・ニューヨーク支局の長谷川豊リポーターが56歳で亡くなった天才が残したものとその衝撃を伝えた。

オバマ「彼の死を彼の発明した端末で知らされた」

   オバマ大統領は死亡の知らせを受けて、1時間もたたないうちに声明を出した。

ステキだった
「世界の人が彼の死を彼の発明した端末で知らされた。そのことが彼の成功の何よりの賛辞になるでしょう」

   もう一人の天才といわれるマイクロソフト創業者のビル・ゲイツも「スティーブと仕事ができたことは幸運で非常に光栄だった」と語った。ジョブズの死を「米国のテレビの全ニュースチャンネルが特番を組み、新聞は全紙が1面トップでジョブズの死を扱っている」(長谷川)という。

   アップル社を時価総額26兆円という世界1の企業に押し上げたジョブズだが、世界中のライフスタイルを変えたと言われるその足跡は、ITのパソコン普及に大きく貢献したマウスの実用化からはじまって、携帯デジタルプレーヤー「iPod」、続くネット経由の音楽配信事業「iTunes ミュージックストア」はそれまでのCD主流だった音楽業界を激変させた。

   さらにボタンのないタッチパネル式の高機能携帯電話スマートフォン「iPhone」を発売して世界中で大ヒットとなった。昨年発売したタブレット端末「iPad」は他社が追随する人気商品になった。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中