高橋優「ツレがうつになりまして」原作読みたくなった素敵な映画でした

印刷

   シンガーソングライターの高橋優が10月10日(2011年)に映画「ツレがうつになりまして」を見た印象を報告している。

「シリアスなテーマの中に小さなユーモアが沢山ちりばめられていて、それでいて興味がどんどんと沸いてくるとても素敵な作品だったので原作の本も読んでみたいなーなんて思った」

と、映画自体にも大変満足したようだが、何より「こうして普通に映画館にフラッと映画を観に来れたことへの喜びが非常に大きかった」という。

「ライブや曲作りに没頭する日々というのは僕にとっての酸いも甘いも全てが兼ねられた時間と言っていいのだけれど、たまにはこうして今日のように、それと全く関係ないところでただブラブラしたり気まぐれで映画を観たりする時間というのも必要だなあと改めて思いました」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中