2018年 7月 18日 (水)

カリスマ主婦マーサ仰天素顔「料理せず子ども嫌い」娘が暴露本

印刷

   ホームメイドの達人で、カリスマ主婦の草分け、ライフスタイルプロデューサーでテレビや執筆に活躍するマーサ・スチュワートの暴露本が、10月(2011年)中旬に出版される。書いたのはマーサの実の娘アレクシス。母と娘の確執があからさまに描かれ、なかなか辛辣な内容の本らしい。

「冷蔵庫はいつも空っぽ」「ハロウィーンは居留守」

   英デイリーメール紙によると、アレクシスはマーサを称して「母親らしいところのまったくない人」といい、「料理は全然せず、冷蔵庫の中はいつも空っぽだった」「子供好きではなく、ハロウイーンの時には、近所の子供達がお菓子をもらいに家に来ないよう、家の灯りを消して居留守を使っていた」「娘へのクリスマスプレゼントのラッピングもマーサがやらず、娘自身にやらせた」と暴露する。

   マーサといえば、お料理好き、園芸好きで、クリスマスやハロウイーンなど季節の行事の飾り付けや素敵な手作りインテリアのアイデアをたくさん持ち、とにかくセンスが良くて器用で家庭的というイメージがある。一方で有能な実業家でもあり、2004年には株のインサイダー取引で有罪となり服役するなど、ただのハンドメイド好き主婦とは違うのも確かだ。

   当のマーサは娘の暴露本に頓着している様子はなく、応援メッセージを寄稿するなど余裕を見せている。

Noriko FUJIMOTO, 翻訳家、エンタメライター

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中