「アラちゃんはタマちゃん2世?」実は種類違った!

印刷

   アザラシ出没で荒川がふたたび大騒ぎ――。出現ポイントは埼玉県志木市で、その付近では、8年前にもアザラシが出た。これは、その前年に多摩川に現れて大人気となった「タマちゃん」と同じアザラシだとされる。

   そこで今回の「アラちゃん」はタマちゃんが帰ってきたのか、「タマちゃん」と関係があるのかないのか、そのへん非常に気になるところだ。

アゴヒゲアザラシとゴマフアザラシ

   番組が当時を知る人に聞いてみると、「似ている」「タマちゃんの子ども、2世」との声がある一方で、「(水面に顔を出すだけで)物足りないね。そのへんにベローンと上がってきてくれないと」との不満も聞かれた。よく岸辺に上がり、寝そべっていたタマちゃんと違って、アラちゃんは容易に全貌を現さないらしい。

   番組の比較写真を見ても、顔つきがずいぶん違う感じではある。とぼけた顔したタマちゃんと並ぶと、アラちゃんは格段に精悍な表情である。

   エプソン品川アクアスタジアムの飼育長によると、タマちゃんはアゴヒゲアザラシと見られるのに対して、アラちゃんはゴマフアザラシである可能性が高いという。

   どうやら、2頭はまったく赤の他人のようだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中