2018年 7月 20日 (金)

世田谷でも高放射線―松尾貴史「帰宅途中に測ったら2・5のピンポイント発見」

印刷

   東京電力・福島原発の事故による放射能の影響は首都圏にも及んでいる恐れのあることが改めてわかった。きのう12日(2011年10月)、東京都世田谷区は区内で毎時2.7マイクロシーベルトの放射線量が測定されたと発表した。また、横浜市港北区では1キログラム当たり195ベクレルの放射性ストロンチウムが検出されていたことがわかった。

「突如、線量計がピーヨ、ピーヨと鳴り出した」

   「最初は桁が間違いではないかと思った。信じられなかった」と世田谷区長の保坂展人も驚いた様子だ。現場は近くに小学校や幼稚園がある住宅街の一角の区道で、通学路にもなっている。

どこへどんな…

   コメンテーターの松尾貴史(タレント)は以前住んでいたすぐ近くだという。松尾は昨日、帰宅途中に線量計で測ったところ、あるポイントに近づくと、突然、線量計が「ピーヨ、ピーヨ」と鳴り出し、数値は2.5を示した。

   「でも、ほんの2、3歩離れると、元に戻る。極めて局地的なポイントです」

   毎時2.7マイクロシーベルトという数値は、年間被曝量に換算すると14.2ミリシーベルトで、国が避難の目安としている20ミリシーベルトよりは低い。そばを通るだけでは健康への影響はないという。

   調査のきっかけは、区民から「個人的に測ったら高い数値だった」との情報だった。専門家は、雨水が溜まってことが原因ではないかとみている。

   横浜市のストロンチウムはマンションの屋上の側溝の堆積物から検出された。ここでも、自宅マンションの泥を民間の研究施設に調べてもらったら検出されたという通報でわかった。ストロンチウムは骨に蓄積されやすいといわれているが、今度のケース、除染すれば人体への影響は特段問題ないようだ。

首都圏にまだまだある高数値ポイント

   世田谷と横浜、いずれも福島から200キロ以上離れているが、福島原発の事故が原因とすれば、こうした高い数値のピンポイントはまだある可能性が高い。

   立花胡桃(作家)「東京は大丈夫と思っていたのに。家の近くとか、個人レベルで調べなければならないのかなと心配になる」

   司会の羽鳥慎一「本当に、どんな物質がどこへどんな風に飛んでいるかまったくわからないですね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「原発事故の関心が、特に男性には薄れてきていますが、まだまだ進行形ということです」

   羽鳥「世田谷も横浜も住民の訴えがきっかけになっています。行政の検査が後追いになっていますね。どうなんでしょうか」

   松尾「設備や人員に限りがあるので、安心のためのも自分でやっていくしかないのでは」

   玉川「放っておいたら行政は動かない。私たちで行政に働きかけていくことが非常に重要だ」と強調した。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中