橋下大阪府知事「日本の政治に一番重要なことは独裁」

印刷

   改革、既得権益の打破、とのかけ声いさましく、橋下大阪府知事が今日(2011年10月21日)辞職を表明し、大阪市長選に打って出るそうな。橋下は府と市の権力二重構造を解消すべく、「大阪都構想」を掲げている。みずから市に乗り込み、解体するもくろみだ。

「大阪市役所が持ってる権力とカネむしり取る」

   「いま市役所が持ってる権限、力、おカネ、これを一回むしり取るってんです」「いまの日本の政治に一番重要なことは独裁ですよ!」(VTR中の橋下の演説)

まっすぐ行っちゃうタイプ

   この手の政治ネタは、この番組では敬遠されるはずだが、意外にも異例の大フィーチャー。橋下の大阪都構想に賛成の東国原前宮崎県知事やら、橋下率いる維新の会の政策顧問だという大学教授らがスタジオに招かれており、改革アピールを繰り広げた。

   一方、コメンテイターでは、「強い思い」「熱い気持ち」などが好きなテリー伊藤あたりが、強く熱い橋下への期待を表明しそうに思われた。が、テリーは構成上のバランスを取るためか、意外にも慎重であり、「橋下さんて、こう(手で視野の狭い様子をつくる)まっすぐ行っちゃうタイプでしょ。ああいう人がどんどん力をつけていくと、どうなるんですか」などと、むしろ橋下を警戒する趣の発言が主であった。

   そんなテリーに対して、東国原が、「独裁」という名のリーダーシップの必要性を強調するのであった。「(橋下のやり方は過激だが)、こうまでしないと改革できないんじゃないか。リーダーシップ(が必要)と言われるが、リーダーシップをやると独裁と言われる。この国に必要なのはリーダーシップなんですよね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中