「ニューハーフ遺体」豊胸費用提供の逮捕男とグチャグチャ関係

印刷

   「長野県で一部白骨化した遺体が見つかった事件です」と森圭介アナ。「ニューハーフ」死体遺棄事件で、逮捕された男と被害者は交際していたが、被害者の友人が2人の関係を詳細に語った――のだ。

別れ話や金銭トラブル

   2人は昨年9月に知り合った。被害者がつとめていた風俗店に容疑者が客として訪れ、ほどなく交際がはじまった。「(容疑者の)アピールがすごくて、(被害者が)ゆらいだ」のだという。

   容疑者は、被害者の部屋を借りたり、豊胸手術の費用を提供するなどしていた。しかし、容疑者がほかのニューハーフとも親しかったことなどから、昨年末には関係が悪化していたそうだ。

   また被害者は「別れたら、部屋を出て行かなければいけない」と心配したり、「別れても『部屋は出て行かせません』という誓約書を(容疑者に)書かせた」などと言っていたという。

   2人の間に、別れ話や金銭的なトラブルがあったことをうかがわせる内容となっていた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中