2018年 7月 19日 (木)

トランポリンの伊藤正樹「自己PR対決」で優勝300万円

印刷

   賞金総額1000万円をかけて昨日、アスリートが戦った。といっても、スポーツで、ではなく、活動資金を獲得するために、審査員の前でPR合戦を繰り広げたのである。

   結果、7人が賞金を獲得したが、そのなかで賞金300万円でトップに立ったのは、トランポリン選手の伊藤正樹。2011年W杯で優勝したり、全日本選手権で3連覇の実力者で、ロンドン五輪のメダルが期待されているという。

ロンドン五輪「メダル期待」なのに無名?

   「テリーさん、加藤さん、ご存知でしたか?」。森圭介アナが聞く。

知らない。ごめん

   「え、なんか有名ですよね」。五輪のメダル予想などもこなすスポーツ通のテリー伊藤は、不意を突かれたように、口ごもる気味に答えた。

   司会の加藤浩次は「ボク、あまり知らないです。ごめんなさい」。

   トランポリンという競技がマイナーなせいか、有力選手であっても、伊藤の選手環境は厳しいのだという。トランポリンのほかに学生業もあり、金銭面も大変。しかも国際大会に出場する経費は半額、自分で負担している。

   賞金で、100万円する自分専用のトランポリンを買う予定だという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中