トランポリンの伊藤正樹「自己PR対決」で優勝300万円

印刷

   賞金総額1000万円をかけて昨日、アスリートが戦った。といっても、スポーツで、ではなく、活動資金を獲得するために、審査員の前でPR合戦を繰り広げたのである。

   結果、7人が賞金を獲得したが、そのなかで賞金300万円でトップに立ったのは、トランポリン選手の伊藤正樹。2011年W杯で優勝したり、全日本選手権で3連覇の実力者で、ロンドン五輪のメダルが期待されているという。

ロンドン五輪「メダル期待」なのに無名?

   「テリーさん、加藤さん、ご存知でしたか?」。森圭介アナが聞く。

知らない。ごめん

   「え、なんか有名ですよね」。五輪のメダル予想などもこなすスポーツ通のテリー伊藤は、不意を突かれたように、口ごもる気味に答えた。

   司会の加藤浩次は「ボク、あまり知らないです。ごめんなさい」。

   トランポリンという競技がマイナーなせいか、有力選手であっても、伊藤の選手環境は厳しいのだという。トランポリンのほかに学生業もあり、金銭面も大変。しかも国際大会に出場する経費は半額、自分で負担している。

   賞金で、100万円する自分専用のトランポリンを買う予定だという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中