新蕎麦シーズン!福島・檜枝岐村うま過ぎて禁止の「はっとう」どんな料理?

印刷
p>   原発事故で観光客が激減している福島県が元気になって欲しいと「あさイチはスタジオを飛び出してきました」と井ノ原快彦キャスター。有働由美子キャスターも「今日から1週間、福島から中継します」と東山温泉の橋の上から語りかけた。1日目の今日は「JAPAなび」特集で南会津町や檜枝岐村(ひのえまたむら)などを、山田まりや(タレント)と松田利仁亜アナが訪ねた。

標高1000メートルの会津の秘境

   会津の秘境といわれている檜枝岐村。「標高およそ1000メートルのため作物の主力はそば。そばを使った料理が豊富にあります」と松田アナ。新そばを使ってまずは「本格十割そばのたちソバ作り」をそば店店主6代目・星哲二さんが披露する。

   太い麺棒(約10センチ)で薄く延ばしたそばを20枚重ねて1ミリ幅で切ってゆくが、その際、普通は左手で当てるこま板はまったく使わない名人芸。この切り方が布を割く姿に似ている事から「裁ちそば」といわれたという。

   山田まりやがさっそく挑戦。「あれ~全然ダメ。ダメです」と太い麺ができた。山田の作った太麺は松田アナに譲り、星さんの作った裁ちそばをひと口食べて、「コシが強くて、凄く香りがあって、美味しい!」と山田まりや。

そば粉と餅米と胡麻をまぶす珍味

   檜枝岐村にはそばを食材とした料理が数多くある。そば粉で作った「すいとん」は豆腐や人参、大根にネギの刻みを降りかける。蕎麦掻きというよりホウトウ風だ。

   その他、大根の葉っぱを混ぜた「でいこっぱでっち」「そば田楽」「酒饅頭」などなど。なかでも絶品なのが「はっとう」という食べ物。そば粉と餅米と胡麻をまぶしたもので、「貴重な餅米で美味しくて食べ過ぎるので御法度になったために『はっとう』という名前がつきました」(そば店店主星広美さん)

   この時期は紅葉だったが、中継現場となった東山温泉は雪に埋もれてからも風情がある。福島支援をかねてこの冬、ぜひ…。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中