落ち葉の季節迎えパンク寸前!首都圏焼却場―汚染落葉や草木野ざらし

印刷

   深まる秋とともに落葉の季節を迎えるが、放射能に汚染された落葉や草木の処理に自治体が悲鳴をあげている。焼却場にはゴミがたまる一方で、パンクする日も近い。リポーターの井口成人がホットスポットの多い千葉県柏市と流山市から報告した。

千葉・流山では毎日30トン11月で満杯

   千葉葉県柏市の南部クリーンセンターには、住民たちが毎日のように出す落葉のごみ袋が運び込まれる。しかし、焼却はされず、いま約1000トンが野ざらしになっている。それだけではない。地下2階にはこれまで燃やした焼却灰が460本のドラム缶に保管されたままだ。国の埋め立て基準は8000ベクレル/kg以下とされているが、最高7万800ベクレルが確認された。このため、9月7日(2011年)に焼却を中止、焼却灰は地下室に借り置きして、焼却灰を増やさないために落葉や草木は焼却せず貯めて置く以外に方法がないという。

大変な量ですね

   流山市のごみ処理施設の森のまちエコセンターでも、同様の事態が起きている。専用のスペースが作られ、落葉などのゴミ袋が積み上げられている。9月末に628トンだったものが、いま1466トンに増えている。それでも毎日約30トン持ち込まれ、このままいくと11月いっぱいで満杯になるという。それまでに処分先が見つかればいいが、あてはない。

   同じ流山市のクリーンセンター。ここにも空きスペースのテント内に504トンの焼却灰が積まれている。秋田県大館市と小坂町の最終処理場を依頼していたが、高濃度の放射能が検出されたため、受入れを拒否された。「万一のことを心配し、市民の理解が得られないため」という。このままでは来年(2012年)1月がギリギリと想定している。

国の焼却灰処理は来年1月から

   司会の羽鳥慎一は「大変な量ですね、これは」と驚きながらも、ゲストの首都大学東京の大谷浩樹准教授に聞いたのは、「落葉を手で拾い集めて大丈夫ですか」という質問だった。

   大谷准教授「素手でも手袋をしても大丈夫です。ただ、その後、手を洗ってください」

   現場をリポートした井口成人が「待ったなしの状態に来ているんですが、何か具体的ないい方法はないものですか」

   これに、大谷は「量が増えていることを考えますと、家庭の生ごみ処理器のような機械がありますが、5分の1ぐらいに減らすことはできる。(そうした機械は)廃棄物やゴミ処理の企業や業者は持っています。費用は装置代を除けば電気代ぐらい」というが、即戦力になるのかどうか。

   国では、8000ベクレル以上の焼却灰は来年1月1日以降に特別措置法により国の責任で処理する、8000ベクレル以下の焼却灰は関係者の理解を図りつつ処理を促進するとしているが、その前に処理施設はパンクしてしまうだろう。日々、増える落葉を前に有効な手立てが見つからない。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中