芦田愛菜に久本雅美お下劣話付き合わせるな!教育上よろしくない

印刷

「メレンゲの気持ち」(日本テレビ)2011年10月29日12時~

   10月からMCが久本雅美・いとうあさこ・芦田愛菜の3人に代わり、新生メレンゲとなったが、目玉はなんといっても史上最年少7歳MCの芦田愛菜だ。 50代の久本に40代のいとうというフレッシュのかけらもない2人をカバーするかのような人選で、平均年齢を下げるのと、愛菜ちゃん人気にあやかろうというのが見え見えだが、ここでも天才子役の愛菜ちゃんは大人顔負けの活躍ぶりを見せる。
   毎回、ゲストの似顔絵を書くのだが、これが特徴を捉えていて上手い。この日のゲストは坂口良子・杏里親子、RIKACO、藤原竜也の3人で、愛菜ちゃんは藤原竜也の似顔絵を書いたのだが、「何を見て描いたの?」と訊かれて「11月5日公開の『カイジ2』のポスターを見て描きました」と映画の宣伝を入れるしっかりぶり。ゲストの話をおとなしく訊いているだけでもたいしたものだと思うが、ちゃんと受け答え出来るのが愛菜ちゃんの凄いところだ。
   とはいえ、この手のトークには多少お下劣な話も入ってくる。この日も藤原竜也に「ドSなんでしょ?」と久本が言い、全員ではやし立てる場面があったが、愛菜ちゃんも一緒になってやっているのにはびっくり。
   この日はしなかったが、イケメンがゲストの際、久本がわざとコケるふりをして男性の股間に顔をつけるというお約束芸も、教育上よろしくない。愛菜ちゃんが汚されていくようで、見ていて心が痛む。愛菜ちゃんを消費するのはいい加減にしろと言いたい。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中