エイミー・ワインハウス死因やっぱり大量飲酒―死体の脇にウオッカ瓶3本

印刷

   7月(2011年)にロンドンの自宅で27歳の若さで死去した英国の歌姫エイミー・ワインハウスの死の真相が明らかになった。やはり、過度のアルコール摂取が原因だったと検死官らが明らかにした。

ドラッグ止めたがアルコールは止められなかった

   英大衆紙「サン」紙によると、エイミーは08年からはドラッグを断ち、アルコールも死の3週間ほど前から口にしていなかったことが分かっている。しかし、死ぬ3日に再び飲み始め、心神衰弱で体力がかなり落ちていた身体が持ちこたえられる限度を超えたアルコールが致命的になったという。死体が発見された時、彼女の側には空のウオッカのボトルが3本発見された。

   エイミーの主治医によると、アルコール中毒者の例にもれず、彼女も我慢できずに大量に飲むことがあった。ただ、死の前日に主治医がエイミーと会った時はほろ酔い状態ではあったけれど、ちゃんと会話もするし、言うことも首尾一貫していたという。エイミーは「まだやりたいことを十分にやりきれていないわ」と未来への希望も語っていたといい、自殺の可能性は低いという。

Noriko FUJIMOTO、翻訳家、エンタメライター

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中