あんぱんじゃないよ…パンの中に大福餅!?福井の定番スイーツ

印刷

   国内23道県のアンテナショップの商品が一堂に介する「アンテナショップフェスティバル」が3日(2011年11月)から6日まで東京・青山/表参道あたりで開かれているそうで、各道県代表が出場する「ご当地スイーツ」のNo.1決定戦も行われているんだとか。

木村屋總本店の暖簾分け店が開発

   そんななかで、番組が注目し、スタジオに運んできたスイーツは福井県代表の「大福あんぱん」。大福の餅の代わりに、パンで包めばあんぱんだが、大福あんぱんは、パンのなかにまるごと大福がはいっているんだそうな。

これはすごいわ

   あんぱんで有名な木村屋總本店から暖簾分けした福井の「越前ヨーロッパンキムラヤ」が約30年前に開発したという。「先代(店主)がパリに住んでいる友人を驚かせようとしてつくった。それがおいしかったので、いまも定番商品になっている」(福井県アンテナショップ担当者)

   「パンと餅が一緒になって、ここまで合うんだっていうのがびっくり」(中山美香リポーター)ということだそうな。

   スタジオでは「これ、アイデアだよね」と、案の定おもしろがったテリー伊藤。「うまい」「これはすごいわ」とおいしがっていた。

   それにしても、「うまい」と言って食べてるタレントを視聴するのは、視聴者的にたいしておもしろいことではない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中